teeth

インプラントやホワイトニングでぴかぴかの歯を取り戻す

理想の白い歯を手に入れる

toothbrush

何気なく普段の生活の中で飲食している私たち。でも、何気なく鏡で歯を見たときに、黄ばんでいたり茶色い汚れがついていたりするとかなりショック…。
自分ではこの汚れをどうにもすることができず、でも理想の白い歯とは程遠くて、外で口を開けるのもためらってしまいます。
このような歯の黄ばみや着色汚れを何とかしたい。そう思ったときはホワイトニングを考えてみましょう。

歯が黄色くなってしまったり、しつこい着色汚れが付いて取れなくなってしまったりする原因にはいくつかあります。まずメジャーなのが食事や飲み物の色で歯の表面が汚れてしまうこと。カレーや香辛料、果物やコーヒー、紅茶、ワインといった色の濃いものが主な原因です。こういったものを口にしないのは難しく、常にケアしていても汚れがついてしまうのを避けられません。

食べ物や飲み物で歯の表面が汚れてしまうだけではなく、歯の色が変わってしまう原因には避けられないもう1つの理由があります。それは加齢。歯は象牙質の上をエナメル質が覆っている構造ですが、歳を取ると象牙質の色が変わってしまうだけではなく、エナメル質も薄くなってしまって、黄ばんだ象牙質の色がよけい見えてしまうようになるのです。

ホワイトニングを受ける方法は、歯医者に通って特殊な機器の施術を受ける方法と、自宅に道具を持ち帰って自分で行う方法があります。効果はやはり歯医者に行って受ける方が高いですが、いつも通う時間がないというときには自宅でできる方法が便利です。色が変わったところを削ったりしないので、自分の歯を守ったままでキレイな白い歯を手に入れることができます。