teeth

インプラントやホワイトニングでぴかぴかの歯を取り戻す

審美性を高める治療

teeth

歯医者で行われている治療で一番先に思い浮かぶのは、虫歯や歯周病などの治療です。
細菌によって炎症や欠損などが起きてしまった場合に、歯と歯茎を健康な状態に導くための治療で、診療科目としては一般歯科と呼ばれます。
一方、インプラントやホワイトニングといった見た目重視の施術は審美歯科の部類に入ります。
差し当たって健康を害するものではありませんが、歯の美しさや機能を守るための診療科目が審美歯科です。

審美歯科は、歯の美しさ、つまり歯並びや歯の色などの見た目を中心に様々な方法で改善する診療科目です。
インプラントやホワイトニング、ブリッジといったように、歯の状態をキレイにする施術を主に行います。
すぐに治療が必要な状態に対して行われるものではなく、病気や疾患ではないにしろ、歯の状態が悪いことで沈む気分を改善してくれるというメンタル面にも働きかける意味合いが強いのです。

審美歯科自体は、歯科の中でも比較的新しめの診療科目となります。
歯の美しさを取り戻すだけではなく、より自然な仕上がりにできるような技術がどんどん進み、審美歯科に注目する人も増えてきました。
また、技術が進むのと並行して、昔は高かった施術料金もかなり抑えられるようになってきたため、さらに需要が高まっています。
審美歯科の施術を行う機器も安価で購入できるようになったこともあって、歯医者での導入も急速に進んでいったのです。
昔は歯医者といえば一般歯科のみの取り扱いが主でしたが、審美歯科も並行して扱うところの方が今は多くなっています。